苦しくない胃カメラ、痛くない大腸カメラをあなたに。
内視鏡専門医ブログ

2019.08.08更新

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 院長の藤田です。

本日も 診察の時に

「私はピロリ菌がいたのですが 子供にも移ってますか?」
「子供もピロリ菌の検査をさせたほうがいいですか?」と質問がありました。


ピロリ菌の感染経路は、今でもはっきりとは分かっていません。
口から入ってくること、人から人に移ると考えられています。
そして、多くの報告では小児期に感染するとされています。

今は家族内感染が80% 
(母親が70% 父親が10%と考えられています)

それ以外が20%と考えられていて、やっぱり両親からうつることは多いようです。

 

両親にピロリ菌がいた場合、子供にピロリ菌がいる可能性は約50%
家族全体でピロリ菌がいた場合、約35%
家族にピロリ菌がいない場合は、子供の感染率は10%未満というデータがあります。

 

ただし、2019年現時点では
子供にピロリ菌がいたとわかったとしても 除菌薬は保険適応されません。
それに 抗生剤の耐性化、アレルギーなどリスクもあります。

あまり焦ることなく 子供の症状を見ながら 
20歳を超えてくらいから 考えてはいかがでしょうか。

 

【森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック】
大阪市中央区 JR森ノ宮駅直結 内視鏡(胃カメラ、大腸カメラ)専門のクリニックです。
鎮静剤を使った楽な胃カメラ、無痛大腸内視鏡を行っています。

 

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック ホームページ

 

 

 

ちなみに私自身 35歳になるまで 自分がピロリ菌に感染していることすら知りませんでした(;^_^A

 

投稿者: 森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック

entryの検索

カテゴリ

WEB予約
胃カメラ検査 WEB予約
大腸カメラ検査 WEB予約
初めての方へ ブログ 患者さんの声