苦しくない胃カメラ、痛くない大腸カメラをあなたに。
内視鏡専門医ブログ

2017.08.06更新

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 院長の藤田です。
当院は鎮静剤を使った楽な胃カメラ、痛くない大腸カメラがウリの内視鏡専門クリニックです。

 

先日 当院で実際に経験した症例を報告します。

 

50代前半の男性で毎年検診でバリウム検査を受けておられ、これまで「慢性胃炎」と診断され経過をみておらえました。今年のバリウム検査で「胃に不整隆起」とあったため、当院で胃カメラを受けられました。ちなみに胃カメラは8年ぶり。前回の胃カメラは苦しかったため「もう、胃カメラをしたくない」と思いつつも、検診結果に胃カメラを受けるように指導され、勇気を持って当院を受診されたのでした。

結果は… 

すでに進行胃がんになっていました。
昨年のバリウム検査までは「慢性胃炎」だったはずなのに…

早期胃がんから進行胃がんになるには2年程度かかるという報告があります。
昨年バリウム検査ではなく、胃カメラをしていればひょっとしたらもう少し早く発見できたかもしれない。そんな思いがよぎりました。

バリウム検査は胃の中に造影剤をためて写す白黒写真です。
実は 早期胃がんの場合は、粘膜の色が変わる変化があったり、凹凸が目立たないことがあり、バリウムではなかなか診断が難しいのです。
胃カメラでは色の細かい変化や、細かな凹凸も詳しく見ることができますし、粘膜をつまんで組織を調べることも可能です。

ちなみのこの方はピロリ菌も陽性でした。
ピロリ菌は慢性胃炎をおこし、潰瘍や胃がんを起こすリスクになることが分かっています。

「もう少し早く胃カメラをしていれば…」
「前の胃カメラが苦しくなかったら、早くに胃カメラをしていたかもしれない…」

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 
鎮静剤を使った楽な胃カメラ 痛くない大腸カメラを提唱しています。
胃がんの早期発見 撲滅に情熱を注いでいます。
JR森ノ宮駅直結 京橋、玉造、緑橋からもアクセス良好です。

胃がんが心配な方 楽な胃カメラをご希望の方は 当院までご気軽に相談ください。

 

 

投稿者: 森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック

2017.08.06更新

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 院長の藤田です。

当院は JR森ノ宮駅直結 ビエラ森之宮3Fにある内視鏡専門クリニックです。鎮静剤を使った楽な胃カメラ、痛くない大腸カメラを行っています。

京橋、玉造、緑橋からもアクセス良好です。

 

2017年の夏期休暇は 8月21日~23日となっています。

14日~19日のお盆の時期は通常通り 胃カメラ、大腸カメラを行っています
平日に診察、検査を受けるのが大変な人、一度はいカメラ・大腸カメラを受けておきたいけども悩まれている方、この機会に胃カメラ、大腸カメラを受けてみませんか?

 

胃カメラをすることで胃がんチェック、ピロリ菌チェックも行えます。

大腸カメラをすることで 大腸がんになる前に大腸ポリープ切除で治るかもしれません。

当院ではできるだけ多くの方が 痛みのない、楽な胃カメラ、大腸カメラをうけていただけるようにスタッフ一同 つとめてまいります。

 

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 

投稿者: 森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック

WEB予約
胃カメラ検査 WEB予約
大腸カメラ検査 WEB予約
初めての方へ ブログ 患者さんの声