苦しくない胃カメラ、痛くない大腸カメラをあなたに。
内視鏡専門医ブログ

2018.09.25更新

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 院長の藤田です。

2018年9月15日 国立がんセンターより発表がありました。
(https://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/2018/0915_02/index.html)

 

2014年に新たに、がんと診断された症例が全国で86万例以上で増加傾向にあります。
(前年が84.9万例)

そのうち男性が50万 女性が36.6万例でした。

 

部位別だと、

男性が胃>肺>大腸>前立腺>肝臓 
女性が乳房>大腸>胃>肺>子宮

と、胃がん、大腸がんは上位3位には入ってきます。

 

胃がんの予防にはピロリ菌治療、大腸がんの予防にはポリープ切除が今の医療では大事だとされています。


これからも楽な胃カメラ、痛くない大腸カメラで早期発見に努めるとともに、ピロリ菌治療、大腸ポリープ切除で、胃がんと大腸がんの予防にも努めていきます。

 

【森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック】
鎮静剤を使った楽な胃カメラ、鎮痛剤を使った痛くない大腸カメラをしている内視鏡専門クリニックです。JR森ノ宮駅直結にあるクリニック、大阪市内で京橋、玉造からもアクセス良好です。
胃カメラや大腸カメラでお困り、お悩みの方はご気軽に相談ください。

 

投稿者: 森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック

WEB予約
胃カメラ検査 WEB予約
大腸カメラ検査 WEB予約
初めての方へ ブログ 患者さんの声