苦しくない胃カメラ、痛くない大腸カメラをあなたに。
内視鏡専門医ブログ

2017.10.22更新

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 院長の藤田です。

当院はJR森ノ宮駅直結にある内視鏡専門クリニックです。鎮静剤を使った楽な胃カメラ、痛くない大腸カメラをしています。胃がん、大腸がんを目標に掲げ、日々診療と検査を行いながら、最新の情報を提供します。

 

今回のテーマは「大腸がんと食事」です。

大腸がんは現在もどんどん患者さんが増えています。毎年13万人もの人が大腸がんと診断されており、がんの中でも第1位です。
そんな大腸がんですので、外来に来られる患者さんからも「大腸がんを予防する食事ってあるんですか?」とよく聞かれます。

 

【大腸がんの危険因子となる食事】

●アルコール

●加工肉(ベーコン、ハム、ソーセージなど)

 の摂取が考えられています。

●赤肉(牛、豚、羊)

 の摂取も関連が示唆されています。

動物性脂肪は、発がん促進作用のある二次胆汁酸の生成を高め、大腸粘膜に作用して発がん物質や発がん促進物質になるとされている。

ちなみに、この二次胆汁酸が増えると 便は茶褐色に変化してきます。いいウンチは黄色なので、色が濃くなってきた人は

気をつけた方が良いと思います。お腹の症状がある方は、一度大腸カメラもお勧めします。

 

【大腸がんの予防因子となる食事】

●食物繊維

●野菜

●果物

●カロテノイド


食物繊維は胆汁酸と結合して、一次胆汁酸から二次胆汁酸への変換を阻止し、また腸内の嫌気性菌の繁殖を抑制すると考えられています。

 

これまでの情報をみていくと 「便秘」治療にも通じるものがあります。

便秘から大腸がん、という科学的データは今のところありませんが、全くの無関係とも思えないですね。

食事だけでは予防出来ないので、お腹の症状があり気になる方は一度大腸カメラすることもお勧めします。

 

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック JR森ノ宮駅直結にある内視鏡専門クリニックです。
鎮静剤を使った楽な胃カメラ、痛くない大腸カメラをしています。
中央区、東成区、城東区の境にあり、玉造駅、京橋駅からもアクセス良好です。

投稿者: 森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック

WEB予約
胃カメラ検査 WEB予約
大腸カメラ検査 WEB予約
初めての方へ ブログ 患者さんの声